忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[ 2018/12/20 00:18 | ]
ハードディスクへの気遣い
最近ちらほら見かける、電車の中でパソコンを使う人。
それを見て思うのが、「ハードディスク・・・大丈夫かな。」
(Enterキーを強く叩き付ける行為も気になりますがw)

SSDなら問題ないんですが、これほどの精密機械をよりによって常に地震が発生しているような電車内で使うなんて。。。
いくらヘッドが離れている時間のほうが長いとはいえ、Windowsだったら1秒に1回以上接近するんだから、その分だけ壊れやすくなりますよね。
データを失うリスクを抱えてまで作業したくないものです。

・・・といっても、実は私にもディスクを手荒に扱っていた時期がありまして。。。
少し前までは、パソコンを起動しながら持ち運ぶなんて当たり前。
机の上に置くにも「ドンッ」と(さすがにこれは不注意ですが)置いてしまうこともしばしば。

こんな私を変えたのが、ある方からの依頼で壊れたハードディスク内のデータを救出したときのこと。

そのハードディスクはすでに書き込みができなくなっており、読み込みもままならぬ状態(パーティション情報が入っている部分まで破損していた)だったのですが、ネット上に存在する情報を元に、何とかハードディスク全体をコピーすることに成功し、無事にデータの救出ができました。めでたしめでたし。

という話なんですが、「ハードディスクって簡単に壊れるんだなぁ」ということを改めて実感させられ、それ以来ハードディスク(というより、精密機械全般)に対する扱いを見直したわけです。
実はこの出来事以前にも、私が使用していたハードディスクが故障してしまったことがあったんですけどね。(こちらは電源回路が死んでいただけでしたが。。。)

小さなホコリが一つ入っただけでも、軽い衝撃を与えただけでも、それだけでデータが消滅してしまうかもしれないハードディスク。
もう少し思いやりをもってあげてください。。。

拍手[0回]

PR


[ 2010/11/15 01:56 | Comments(0) | TrackBack(0) | PC関連 ]

トラックバック

トラックバックURL:

コメントを投稿する






<< Cocoa、はじめました  |  ホーム  |  macでusbメモリを使うと・・・(2010/11/03 修正) >>